Skip to content

Tag: 冠婚葬祭

神前式でのマナーってあるの?

結婚式には、キリスト式、神前式、仏式、人前式など様々なスタイルがあります。挙式を行うカップルの意向や両家の意向などでスタイルは違ってきますが、神前式に呼ばれたときの心構えなどはあるのでしょうか。挙式を神社などで執り行う場合、基本的に親族以外は参列できません。 神前式での挙式には、「家族」と「家族」で盃を交わし両家の縁を深めるという意味があるため、友人知人が参列することはありません。しかし最近の神前式は神社で執り行わない形式であったり、友人の参列を認めている神社も増えてきました。また、参列はできなくても境内の外から見学できるようになっている場所もあります。 マナーについては諸説ありますが、やはり神さまの前で契りを交わすのですからそれなりの心構えをもって挑むことが望ましいです。新郎新婦の服装は和装が多いそうです。これには色打掛や白無垢でなければなどといった決まりがあるわけではありません。式を挙げる神社によってはスーツや常装でも構わないといってくれるところもあります。 呼ばれた側の服装は、他のスタイルの式とも共通しますが、派手になりすぎない、黒一色などは避ける、過度な露出は避けるなどが最低限守らねばならないマナーでしょう。また、神前式の場合は参列者も和装で参列すると喜ばれるようです。 神社の中でドレスを着ているよりも、和装の方が見栄えはいいのかもしれません。必ずではないので、余裕があれば、または成人式依頼袖を通していない着物があるのなら、これを機会に着てみるのもいいかもしれません。

Leave a Comment

神前式といえば白無垢

近年、和風な結婚式である和婚がブームとなっており、神社で式を挙げる神前式を選択するカップルも増えています。神前式といえば何といっても、女性であれば一番楽しみなものが白無垢ではないでしょうか。 白無垢は花嫁衣裳の中でも最も格式が高いとされており、その厳かな雰囲気と美しさから、白無垢を着ることに憧れを抱く女性も多いです。また、色打ち掛けという選択肢もあり、一言に和婚といっても選べる衣装の選択肢は広いです。 そんな女性の憧れである白無垢や色打ち掛けを着たいがために、神社での神前式を選ぶ人もいますが、近くに式を挙げられるような神社がなかったり、また花嫁行列を行う際に天候や暑さ、寒さが心配という人もいるかもしれません。 特に季節選びを誤れば、参列者に負担をかけてしまうこともあります。ですが、そういった心配する必要は一切なく、実は神前式は神社でしか行えないというわけではありません。最近ではホテル内に専用の会場を設けているところもあるため、どんな人でも手軽に神前式を選ぶことができます。 もちろん、厳かな雰囲気である神社で式を挙げたいと考えるカップルも多いため、どういったロケーションで式を挙げるのかは個人の自由です。 ですが、もし天候などの問題によって憧れていた式や衣装を断念するようなときは、一度プランナーさんなどに相談してみることもおすすめです。憧れの衣装を着て式を挙げられるような、良い案が見つかるかもしれません。

Leave a Comment

疑問がたくさん?神前式のあれこれ

神前式とは、主に神社で行う結婚式のことを指します。最近は白無垢を着たいという女性も多く、この形式を選ぶカップルが増えているのです。とはいえ、堅苦しいイメージを持ちがちな神前式、どのようなものなのでしょうか。神前式と聞くと日本古来からあるものだと考えがちですが、実は現在の形式になったのは100年程前からなのです。 神道がベースになっており、大正天皇の結婚式を原型に、民間にも広がっていきました。また挙式を挙げるのは神社でだけだと勘違いされる方もいますが、最近では一部のホテルや結婚式場でも出来るようになりつつあります。 挙式費用は大体3万円から10万円と、キリスト教挙式よりもリーズナブルだと言われています。しかし、挙式費用とは別に玉串料と呼ばれる、神社に謝礼金を支払わねばならない場合もあり、会場が神社の場合は10万円から、ホテルや結婚式場の場合は5万円からを目安に考えるのが良いようです。 中には挙式費用の中に玉串料が含まれている場合がありますので、確認した方が良いでしょう。注意点として、神前式は元々親族のみが参列するケースがほとんどだったため、式場の収容人数が普通の式場よりも少ない可能性があるということです。 何処もがそうだというわけではないので、こちらも事前確認が必要になります。また、結婚式に参列したことはあっても、キリスト教式ばかりで神前式を見たことがないという方も多いかと思います。 挙式の流れや、所作、祝詞など覚えておくにこしたことはないかもしれません。一生の思い出となる結婚式、自分たちらしい素敵なものにしてください。

Leave a Comment

結婚式の種類の一つ、神前式

結婚式と聞くと教会で愛の誓いを立てる場面を想像する人が多いかもしれませんが、これはいわゆるキリスト教式で、結婚式の種類は他にもあります。 例えば神前式です。神前式とは神社で挙げる式のことで、白無垢などの和装を着て式をあげます。特に花嫁さんの中にはこの白無垢を着てみたいと考える人も多く、日本人に生まれたからには厳かな雰囲気の神社で和風の式を行いたいと考えるカップルも多いようです。しかし、神前式はキリスト教式とは式の内容がほとんどといってよいほど異なります。 入場や指輪の交換などはありますが、普段聞きなれない言葉を読み上げることがあったり、神酒を飲み交わす儀式があったりと、事前のしっかりと予行練習をしておかなければ戸惑うこと間違い無しです。 さらに、神前式は花婿と花嫁だけでなく、参列者が一同に揃って行わなければならない所作もあります。そのため、参列者に高齢者や小さな子供がいる場合は、少々大変な面があるかもしれません。ですが、こういったことは事前に式の進行を進める人に相談しておくことで何かしらの対処はしてくれるはずなので、必ず事前に参列者については確認をし、当日の式の進行がスムーズにいくように配慮を行うことが大切です。神前式は普段慣れない場面にもたくさん遭遇するため、大変な面もあるかもしれません。 ですが、豪華な衣装を着て、厳かな雰囲気の神社で挙げる結婚式は、きっと一生の思い出に残ること間違い無しです。

Leave a Comment

神前式とはどんな結婚式?

ウェディングドレスを着てチャベルで挙式をするのも素敵ですが、神社仏閣で和装に身を包んで厳かな神前式を行うのも違った魅力がありおすすめです。 神前式とはその名前の通り、神社仏閣に祀られている神様の前で夫婦の誓いを立て、結婚の報告をする習わしのことを言います。代表的な婚礼衣装といえば白無垢姿に綿帽子をかぶった花嫁姿が有名です。また、角隠しと呼ばれる髪型も人気がありますが、近頃は髪型だけは洋髪スタイルに整え、華やかな髪飾りなどで自分なりの着こなしを楽しむ女性たちも増えています。 神前式では他の結婚式にはない独特の作法で儀式を執り行うため、パンフレットだけでなく模擬挙式などで実際の流れを目で見て確認するのがおすすめです。そして実際に自分たちが神前式を行うことになった場合には、誓の詞や玉串奉納のやり方を練習しておくと安心です。 当日に緊張のあまり頭が真っ白になってしまっても、付添人や巫女さん、神主さんらが的確に指示を出してくれるため、大船に乗った気持ちで臨むと良いでしょう。有名な三々九度の儀式など、神社仏閣ならではの夫婦の誓いを行えば、引き締まった気持ちと夫婦になった嬉しさの両方を味わうことが出来るでしょう。 神社仏閣で行う場合は親族のみで行うのが基本ですが、神前式に対応している結婚式場などを利用すれば友人らも参列できるケースが多いため、自分たちだけでなく親族ともよく相談をしてどこで式を執り行うか決めると良いでしょう。

Leave a Comment

日本の伝統的神前式ウエディング

結婚式には人前式、教会式、神前式とありますが、神前式とは、日本古来結婚は、両家の親族だけで行い、家同士の絆を結ぶつながりを重視するという考え方にのっとり、神社で行われる結婚式で、挙式スタイルです。 神前式では、各儀式が執り行われます。 参進の儀(雅楽が流れる中、巫女に先導され花嫁花婿と参列者が入場)、 修祓の儀(お清めのお祓い)、祝詞奏上(斎主が祝詞を読み、結婚の報告)、 三献の儀(お神酒で花嫁花婿が三々九度の盃を交わう)、 誓詞奏上(神前で誓いの言葉を述べる)、 神楽の奉納(巫女が舞を舞う)、 玉串拝礼(玉串を捧げる)、 指輪交換、親族盃の儀(花嫁花婿と参列者が揃ってお神酒を三口で飲み干す)、 斎主挨拶、 退下(全員で拝礼後、退場) と多くの儀式がありますが、どの儀式も、これから新しい家族と共に歩んでいくという気持ちを高め、二人で執り行うで夫婦の絆を深めます。また、自分たちだけでなく、親族だけで執り行えるからこそ、家と家のつながり、絆も強い物となります。 神前式は日本古来ということもあり、両親、祖父母にも受け入れやすい結婚式スタイルでもあります。長い伝統的、しきたりがあるということもから、重苦しくも感じるかたもいらっしゃるかも知れませんが、神前式だからこそ味わえる雰囲気のなか、緊張感が高まり人生に一度しか味わえない、二人で作り上げていく、二人でしか執り行えないということから、ご夫婦にしか作れない無二の結婚式プランです

Leave a Comment

神前式の魅力とは何でしょうか?

最近の傾向として、何でも余り豪華にというのはないように思われます。例えば子供の七五三にしても、カジュアルな服装で参拝する家族も増えています。そしてレンタルの普及で、高価な着物や洋服を購入する人は少なくなっています。 それは結婚式にも言えることで、少人数結婚式や家族婚が人気となっている背景には、リーズナブルな価格で式が挙げられるという利点があるということです。一時海外で式を挙げるのが、新郎新婦にとって憧れだったのですが、今は何故か日本ブームです。 海外からの観光客が日本の美しい風景や伝統工芸に魅せられて、京都や奈良を訪れているのも関係しているかもしれません。特に京都には神社仏閣がたくさんあり、厳かな雰囲気の中で挙げる神前式が注目されています。神前式を挙げると言っても、まず何カ所かの神社仏閣を下見して決めなくてはならないでしょう。其々違った特徴もありますし、候補の神社等をリサーチしておくと比較し易い筈です。 人気のある所は、早い目に予約しないと希望の日が取れないこともあるでしょう。又披露宴も行う場合には披露宴会場の下見も忘れてはいけません。神前式の魅力は、静けさの中の美しい風景でもありますが、新婦には何と言っても文金高島田や打掛が憧れの衣装と言えるでしょう。昔は重いかつらを被るのが主流でしたが、今は洋髪にきれいな髪飾りを付けるのが流行っています。 これが艶やかな打掛とマッチして、より新婦を美しく輝かせます。やはり神前式は日本人らしい挙式です。

Leave a Comment

日本の歴史が詰まった神前式

皆さんは結婚式を行う際、挙式はどのような形式を思い浮かべますか。やはりウエディングドレスを着てブーケトスをする教会式がメジャーでしょうか。日本由来のある神前式というものはご存知でしょうか。今回は神前式の魅力をまとめてみました。まず第一に神前式とは神社にて行われる日本の伝統ある形式です。 家と家との結びつきを大切にしたい人や日本古来からの形式を大切にしたいといった人達におすすめです。第二に白無垢や打掛など着物の種類です。今は結婚式の会場のお色直し時に着ることもできますが、やはり神社での白無垢には敵いません。日本ならではの大和撫子、和装美人として当日迎えることができます。第三に二人で行う儀式です。神前式には儀式の流れがしっかりと定まっています。 二人で夫婦になる初めての儀式を行うと絆もより深まりそうです。第四に挙式先に今後何度も足を運ぶことができるということです。ここがとてもおすすめな所で結婚式場は結婚式終了後はそう足を運ぶことはなくなります。 一方、神社はどうでしょうか。お正月のお参り、子供が産まれたらお宮参り、七五三と、これから長い付き合いをしていくことができるのです。二人の始まりの場所がいつまでも何度も訪れることができます。最後に現金な話になってしまいますが、他の挙式形態と比べ価格設定が安くなっています。挙式代を抑えて他の内容に資金を回すことも可能でしょう。 簡単ではありますが上記でまとめさせていただきました。これから挙式を控えている花嫁さんにご参考になればと思います。

Leave a Comment

結婚式を挙げる場合に神前式を選択するメリットとは

日本人が結婚式を挙げる場合、多くのカップルは教会式を選択しています。宗教活動が行われているカトリックやプロテスタントの教会で結婚式を挙げる場合には、その宗派に所属している必要があります。 キリスト教徒以外の人が教会式で結婚式を挙げる際は、ホテルやブライダル業者が所有する結婚式専用の教会施設が利用され、アルバイトまたはブライダル業者の職員が扮した、“偽者の”牧師さんによって式が執り行われます。リゾート地にある教会で結婚式を挙げる場合は、教会風の結婚式場でキリスト教の宗教者に扮した人によって式が執り行われることになります。ブライダル業者の教会で結婚式を挙げる場合には形だけの式になってしまうので、本物志向が強い人にはおすすめできません。 神前式の結婚式を挙げる場合には神社に所属する神職によって式が執り行われますが、宗派や氏子地域に関係なく誰でも自由に式を挙げられるというメリットがあります。神社神道には仏教の檀家制度に似た氏子の制度が存在しますが、他の神社でも自由に参詣することができます。神道には宗派や教義の違いが存在しないため、氏子区域以外の神社でも自由に参拝したり、神前式の結婚式を挙げることが可能です。 神前式の結婚式は宗派や氏子制度に関係なく、自由に好きな神社でも本格的な挙式(儀式)ができるというメリットがあります。神道形式の結婚式は自由に神社を選択することができますが、アルバイトの神主などではなくて本当に神社で神職として奉仕している人によって式が執り行われます。 希望すれば京都にある世界遺産や国宝クラスの有名な神社でも、宗派や氏子に関係なく誰でも本格的な神前式の挙式を挙げることができます。神前式の挙式はリゾート婚を希望する本物志向の強いカップルにおすすめです。

Leave a Comment