Skip to content

神前式について知らないこと Posts

神前式でのマナーってあるの?

結婚式には、キリスト式、神前式、仏式、人前式など様々なスタイルがあります。挙式を行うカップルの意向や両家の意向などでスタイルは違ってきますが、神前式に呼ばれたときの心構えなどはあるのでしょうか。挙式を神社などで執り行う場合、基本的に親族以外は参列できません。 神前式での挙式には、「家族」と「家族」で盃を交わし両家の縁を深めるという意味があるため、友人知人が参列することはありません。しかし最近の神前式は神社で執り行わない形式であったり、友人の参列を認めている神社も増えてきました。また、参列はできなくても境内の外から見学できるようになっている場所もあります。 マナーについては諸説ありますが、やはり神さまの前で契りを交わすのですからそれなりの心構えをもって挑むことが望ましいです。新郎新婦の服装は和装が多いそうです。これには色打掛や白無垢でなければなどといった決まりがあるわけではありません。式を挙げる神社によってはスーツや常装でも構わないといってくれるところもあります。 呼ばれた側の服装は、他のスタイルの式とも共通しますが、派手になりすぎない、黒一色などは避ける、過度な露出は避けるなどが最低限守らねばならないマナーでしょう。また、神前式の場合は参列者も和装で参列すると喜ばれるようです。 神社の中でドレスを着ているよりも、和装の方が見栄えはいいのかもしれません。必ずではないので、余裕があれば、または成人式依頼袖を通していない着物があるのなら、これを機会に着てみるのもいいかもしれません。

Leave a Comment

神前式といえば白無垢

近年、和風な結婚式である和婚がブームとなっており、神社で式を挙げる神前式を選択するカップルも増えています。神前式といえば何といっても、女性であれば一番楽しみなものが白無垢ではないでしょうか。 白無垢は花嫁衣裳の中でも最も格式が高いとされており、その厳かな雰囲気と美しさから、白無垢を着ることに憧れを抱く女性も多いです。また、色打ち掛けという選択肢もあり、一言に和婚といっても選べる衣装の選択肢は広いです。 そんな女性の憧れである白無垢や色打ち掛けを着たいがために、神社での神前式を選ぶ人もいますが、近くに式を挙げられるような神社がなかったり、また花嫁行列を行う際に天候や暑さ、寒さが心配という人もいるかもしれません。 特に季節選びを誤れば、参列者に負担をかけてしまうこともあります。ですが、そういった心配する必要は一切なく、実は神前式は神社でしか行えないというわけではありません。最近ではホテル内に専用の会場を設けているところもあるため、どんな人でも手軽に神前式を選ぶことができます。 もちろん、厳かな雰囲気である神社で式を挙げたいと考えるカップルも多いため、どういったロケーションで式を挙げるのかは個人の自由です。 ですが、もし天候などの問題によって憧れていた式や衣装を断念するようなときは、一度プランナーさんなどに相談してみることもおすすめです。憧れの衣装を着て式を挙げられるような、良い案が見つかるかもしれません。

Leave a Comment