Skip to content

神前式について知らないこと Posts

日本の歴史が詰まった神前式

皆さんは結婚式を行う際、挙式はどのような形式を思い浮かべますか。やはりウエディングドレスを着てブーケトスをする教会式がメジャーでしょうか。日本由来のある神前式というものはご存知でしょうか。今回は神前式の魅力をまとめてみました。まず第一に神前式とは神社にて行われる日本の伝統ある形式です。 家と家との結びつきを大切にしたい人や日本古来からの形式を大切にしたいといった人達におすすめです。第二に白無垢や打掛など着物の種類です。今は結婚式の会場のお色直し時に着ることもできますが、やはり神社での白無垢には敵いません。日本ならではの大和撫子、和装美人として当日迎えることができます。第三に二人で行う儀式です。神前式には儀式の流れがしっかりと定まっています。 二人で夫婦になる初めての儀式を行うと絆もより深まりそうです。第四に挙式先に今後何度も足を運ぶことができるということです。ここがとてもおすすめな所で結婚式場は結婚式終了後はそう足を運ぶことはなくなります。 一方、神社はどうでしょうか。お正月のお参り、子供が産まれたらお宮参り、七五三と、これから長い付き合いをしていくことができるのです。二人の始まりの場所がいつまでも何度も訪れることができます。最後に現金な話になってしまいますが、他の挙式形態と比べ価格設定が安くなっています。挙式代を抑えて他の内容に資金を回すことも可能でしょう。 簡単ではありますが上記でまとめさせていただきました。これから挙式を控えている花嫁さんにご参考になればと思います。

Leave a Comment

結婚式を挙げる場合に神前式を選択するメリットとは

日本人が結婚式を挙げる場合、多くのカップルは教会式を選択しています。宗教活動が行われているカトリックやプロテスタントの教会で結婚式を挙げる場合には、その宗派に所属している必要があります。 キリスト教徒以外の人が教会式で結婚式を挙げる際は、ホテルやブライダル業者が所有する結婚式専用の教会施設が利用され、アルバイトまたはブライダル業者の職員が扮した、“偽者の”牧師さんによって式が執り行われます。リゾート地にある教会で結婚式を挙げる場合は、教会風の結婚式場でキリスト教の宗教者に扮した人によって式が執り行われることになります。ブライダル業者の教会で結婚式を挙げる場合には形だけの式になってしまうので、本物志向が強い人にはおすすめできません。 神前式の結婚式を挙げる場合には神社に所属する神職によって式が執り行われますが、宗派や氏子地域に関係なく誰でも自由に式を挙げられるというメリットがあります。神社神道には仏教の檀家制度に似た氏子の制度が存在しますが、他の神社でも自由に参詣することができます。神道には宗派や教義の違いが存在しないため、氏子区域以外の神社でも自由に参拝したり、神前式の結婚式を挙げることが可能です。 神前式の結婚式は宗派や氏子制度に関係なく、自由に好きな神社でも本格的な挙式(儀式)ができるというメリットがあります。神道形式の結婚式は自由に神社を選択することができますが、アルバイトの神主などではなくて本当に神社で神職として奉仕している人によって式が執り行われます。 希望すれば京都にある世界遺産や国宝クラスの有名な神社でも、宗派や氏子に関係なく誰でも本格的な神前式の挙式を挙げることができます。神前式の挙式はリゾート婚を希望する本物志向の強いカップルにおすすめです。

Leave a Comment

神前式の魅力はどんなところ?

神前式とは主に神社で行う結婚式のことで、神社に祀られている神様に結婚の誓いを立てる日本独自のスタイルのものです。昔から花嫁は白無垢姿、花婿は紋付き袴姿の正装で身を包み、厳かな雰囲気の中で儀式を執り行います。 高度経済成長期やバブル期など好景気に沸いた時代は結婚式場などで派手なドレス姿に身を包んで挙式や披露宴を行うのが人気だったため、一時期は人気が下火な神前式でしたが、バブルがはじけて不景気になると低価格で格式高い儀式が執り行える神前式の人気が徐々に高まりを見せてきました。 また皇太子様が結婚される様子がテレビで報道されると、その美しさに虜になった人たちからも支持を得るようになります。最近では神社仏閣だけでなく、神前式も執り行える結婚式場などが増えており、だれでも気軽に行える結婚式のスタイルとして人気が定着しています。 従来の白無垢に綿帽子や角隠しといった髪型だけでなく、近頃は華やかな洋髪スタイルで神前式を希望する女性も多く、自分たちなりのスタイルを大切にしながら結婚式を行いたいと希望する人たちからも高い支持を得ています。一般的な結婚式よりも費用を大幅に節約することも出来て、格式高い雰囲気を味わいながら特別な一日を過ごすことが出来るため、人生に一度の記念として憧れの神社仏閣で結婚の契りを交わすと良いでしょう。 日本人として生まれたことを誇りに思えるような素晴らしい結婚式を迎えることが出来て、夫婦としての最良の一歩を刻めるでしょう。

Leave a Comment

今こそ神前式で、記憶に残る結婚式

一生に一度の大切な思い出にしたい結婚式。どんな場所で、どんな式や披露宴をするか、婚約したカップルは夢を膨らませながら、あちこち下調べをするものです。 ひとくちに結婚式といっても、今は様々なタイプがあります。家族だけで行う質素な結婚式もあれば、たくさんの友人知人を招待し、思い出の土地で華々しく行う結婚式もあります。新郎新婦の誓いの場として、チャペルで執り行う教会式、招待客全員が証人となる人前式、神社や神殿で執り行う神前式などが一般的です。 その中でも、今改めて魅力が再認識されているのが神前式です。日本の神話の中で性別を持って生まれた「イザナギノミコト(男神)」「イザナミノミコト(女神)」が、天の御柱を巡って結ばれ、この日本に多くの神を生み、日本が始まったと言われています。 2人の神の強い絆により、新たな命が生まれ、次世代へと育まれていく事を願う、そんな思いが、結婚式には込められています。現在の神前式の基礎となったのは、明治33年5月10日、宮中賢所大前にて執り行われた皇太子であった大正天皇と九条節子(貞明皇后)の婚儀です。 翌34年、この婚儀に基づき、神前結婚式の次第が定められ、古来から伝統的に行われていた各家庭の婚儀の風習とともに、現在の神前式の形へと継承されました。海外から日本文化を評価されるようになって久しく、日本人自身にも日本回帰の風が吹き、神前式の荘厳さや和装の美しさが見直されています。 神社で粛々と執り行われている様子は、唯一無二の美しさで、人々の心により深く記憶されるのです。

Leave a Comment