Skip to content

結婚式の招待状を出す

結婚式の招待客選びで大変なのが、誰を呼ぶかという事があります。

招待したい人すべてを呼ぶとなると、人数の関係もありますので難しい場合もあるでしょう。新郎新婦の招待客の人数が大幅に違うようではいけませんので、お互いにどのくらいの人数を呼ぶ予定なのかを話し合うようにしておくことです。

結婚式で友人や親せきを呼ぶ時に気を付けなくてはならないのが、この人を呼んだらこの人も呼ばなくてはならないとういう点です。結婚式に招待されたことは、人づてに招待していない人にも伝わるようになりますので、そのあたりもよく考えて選ぶようにしなくてはならないのです。

招待客の人数をある程度決めたのであれば、そこから招待状を発送するようになります。その時には、欠席の返事がきてしまう場合もあるでしょう。特に女性の場合は、妊娠中であったり、子供が小さい場合には出席を断念せざるを得ないような人もいます。

もしもそういった人達ばかりとなると、招待客が極端に減ってしまうことになるのです。もちろん欠席の人に無理をして来てもらうわけにはいきませんので、他の人を招待するかを考えるようにしなくてはなりません。

招待状を出した時点で欠席しそうな人がある程度わかっているのであれば、断られた時にどうするかもあらかじめ考えておくようにしましょう。

一人二人減るくらいであればいいですが、5人以上減るという事なのであれば、他に誰か来てくれそうな人をあらかじめ考えておくようにした方がいいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *