Skip to content

女性の結婚式の服装に関するマナーについて

結婚式の服装についてですが、女性は特に白いドレスやワンピースは避けることです。

「白」は新婦(花嫁)の色ですから、被らないようにするためにも着ないようにしましょう。白っぽいワンピースしか持っていない場合は上に黒やネイビーのジャケットを羽織る等して工夫しましょう。

ワンピースやパーティードレスなど肩や、胸元の露出が目立つものはNGです。ショールやボレロなどで覆いましょう。夜の2次会などではある程度の露出も許されますが、式や披露宴などでは親族や上司の方なども参加しますので、周りの配慮も考えて、露出やラフ過ぎる服装は控えましょう。

また黒一色はたとえパーティードレスであってもNGです。黒のドレスをお持ちの方は、バッグや靴、ショールなど小物類にゴールドやシルバーなど黒一色にならず、また華やかさが加わるように工夫しましょう。

 ヘアスタイルでは生花を散りばめたスタイルは花嫁の特権でもありますから、頭に生花は避けましょう。髪の毛を下したダウンスタイルは2次会などではいいですが、結婚式や披露宴など正式な場においては髪の毛をまとめたアップスタイルにしたほうが清潔感もあり印象もよくなります。 

靴など履物についてのマナーですが、ストッキングは必ず履きましょう。肌色がベターです。

靴はパンプスが基本です。サンダルやミュールなどつま先が出るものは「つま(妻)が先(さき)に出る」と言って、離婚をにおわせる縁起が悪いものとされていますので避けましょう。

あとはヘビやワニ、牛革なども含めた革製品や毛皮の襟巻やボレロなど、動物の毛皮は「殺生」を意味するので縁起がよくないされていますので、結婚式などお祝いの席では身に着けないのが基本です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *