Skip to content

結婚式のマナーを身につけよう

学生生活が終わり社会人として働き始めたら、結婚式にお呼ばれする機会も増えてきます。

同年代の友人や会社の先輩等、身近で結婚する人がいれば結婚式に招待されることは自然な流れです。冠婚葬祭ではそれぞれマナーがあるように結婚式でも決められたマナーがあるので、大人として恥ずかしくないようにしっかり身につけておきましょう。

当日だけでなく招待状が届いた時点から守らなければならないマナーがあります。返信用のハガキには先方の宛名が書かれていますが、行となっている文字を消して様に書き換えます。

同じように御という文字を消す等、いくつかのパターンがあるので覚えておくと便利です。出席できる場合は通常通り返信すれば良いのですが、欠席となる場合は事情があって出席できないことを書いて早めに送りましょう。

文言には参考にしたいマニュアルもあるので、マナーを守るためにも同じように書いてもいいでしょう。結婚式と言えば御祝儀を渡すことが慣例となっていますが、相手との関係性によって金額が変わってきます。

友人なら3万円程度が相場ですし、親戚であれば5万円以上包む方が多いようです。服装にも十分配慮が必要です。煌びやかな服装で参加したくても主役となるのは新郎と新婦ですから、あくまでも控えめな服装が常識的です。

カジュアル過ぎず派手過ぎない服装を選びましょう。フォーマルドレス専門店に行くと、落ち着いた雰囲気がありながらオシャレなデザインのドレスを見つけることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *