Skip to content

世界で行われている珍しい結婚式

結婚式は人生の中でも特に記念すべきイベントであり、多くの人に祝福されるとても幸福な時間と言えます。

そのため教会や神社といった神聖な場所や、ホテルやレストランなどの豪華な場所を借りて、ある程度決められたしきたりに則って盛大に行う場合が多いものです。

結婚式は日本人にとってだけでなく、世界中の多くの人が経験しているものですが、その祝い方はどこでも同じようなものではありません。世界では色々な珍しい結婚式が行われているのです。

新婦は美しく着飾って花吹雪などのきれいなものを投げられるものだというイメージが強いですが、新婦を汚して祝福するという地域があります。イギリスのスコットランドのある地域では、生卵や込みなどを思いっきりぶつけられてひどい姿にされるのです。

さらにパレードの中で式場近くのパブに何軒も立ち寄らなければならないという、新婦にとってはかなり精神的な負担が大きいしきたりがあり、ある意味忘れられない思い出として心に焼き付くことでしょう。

辛いことを我慢しなければならないしきたりとしては他にも、イスラエルの式当日は断食して臨まなければならないというものや、カンボジアの新郎新婦が出席者の前で漫才をしなければならないものなどがあります。

辛いことをするわけではない結婚式の珍しいものとしては、男女が別々の部屋で披露宴を行うイランのしきたりや、前夜祭でたくさんの陶器を割るという少し過激なドイツのならわしなどがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *