Skip to content

結婚式に子連れの人がいる場合

結婚式をする時には、新郎新婦が主役になります。

しかし自分たちの結婚式だというのに、主役になりきることが出来ずにせっかくの結婚式が台無しになってしまう事があるのです。それが、赤ちゃん連れの招待客がいた場合です。

大事な場面で赤ちゃんが泣きだしてしまったり子供が走り回ってしまうと、みんなの意識がそちらに集中してしまうことになり、感動の場面どころではなくなってしまいます。そうなるのが嫌なのであれば、対策をしておくようにしましょう。

子連れの招待客がいるのであれば、事前にベビーシッターなどを頼むようにしておくことです。もしくは最初に赤ちゃんが泣きだしてしまった時には、すぐに退場するようにしてもらう事を伝えておくようにしましょう。感動の場面で泣き出してしまえばすぐに連れ出すのは常識ではありますが、なかなかそれが出来ない人もいます。

そういったマナーを守れない人には、最初から子連れで来ないように伝えておくことです。伝え方としては、すべての招待客に子連れで来ないように伝えてあるので、といった風に伝えるといいでしょう。

そうすれば、自分たちの子供だけ断られたという気持ちにはなりませんので、不満を言われなくてもすむはずです。それでも連れてきたいと言われた時には、他の人も断っているからと伝えるようにして、その招待客自体も断るようにした方がいいでしょう。一度きりの大事な結婚式ですので、台無しになって後悔する事のないようにしなくてはなりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *