Skip to content

神前式の特徴について

結婚式と一口に言っても様々なスタイルがありますが、その中でも日本に昔からある形式で、近年人気を高めているのが神前式です。

基本的には神社で行う結婚式のことであり、白無垢を着たいという人や、周りとはひと味違った式にしたいという人にも適しています。基本的には神社となっていますが、必ずしも神社でなくてはならないという決まりがあるわけではなく、神前式の結婚式を挙げられる結婚式場やホテルを会場として選ぶことも珍しくはありません。

挙式費用として神様に収める初穂料や、婚礼衣装を始めとし普段は聞き慣れない言葉や慣習もたくさんあります。必要となる挙式費用が、キリスト教式挙式よりもリーズナブルというのも特徴であり、三万円から十万円程度となっており、五万円が相場となっています。

本来神前式は、神殿という聖なる場所で家と家が契りを交わすものという意味があり、新郎新婦と両家の繁栄を祈る目的ということから、親族までしか参列しないことが基本とされていましたが、近年では友人の参列を認めている会場も増えています。

しかしキリスト教の式場とは違い、スペースが狭いケースも多く収容人数が限られていて、あまり大勢を呼ぶことはできないというケースも珍しくはないので、友人やお世話になった人にも挙式から参列してもらいたいという場合には、神前式を選ぶときには挙式費用や立地条件に追加して、何人収容できるのかという点にも注目しておくべきです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *