Skip to content

神前式の結婚式の特色

今日では伝統的な儀式が多様化しています。

結婚式や葬儀式では宗教や慣習にとらわれない既成の要素を各々選び行う場合が多くなってきています。葬儀式では家族葬などが増えてきていると言われますし、結婚式も洋式と和式を合わせた形式が神教や宗教に関係がなくなってきています。

結婚式では新婦が白無垢を着たいと希望する場合も多くなっているようです。これは神前式と言われる形式で用いられるものです。こうした傾向とは別に、各々の儀式を知っておくのも一つの考え方でしょう。

そこで、神前式の特色と流れを考えてみましょう。神前式は古くからの伝統があると考えられていますが、神社で結婚式が挙行されるという現在の形が取られるようになってからは百年ほど前からで、神道を基本として、大正天皇が行った挙式が原型と言われます。

今日では会場が神社とは限らず結婚式場でも行われています。式の流れは、まず、巫女さんに先導され、新郎、新婦、参列者が一列になって神殿へと向かいます。参列は新郎、新婦、親族が入場します。挙式の前に、新郎新婦と参列者は心身を清めます。

これをお祓いと言います。神主が結婚を神に報告する祝詞を読み上げます。新郎と新婦が三三九度の盃を飲み交わし、三種の杯で注がれたお神酒を数回にわけて飲みます。この儀式が終わると、巫女さんが神楽に合わせて舞いを行います。

新郎と新婦が神前で誓いの言葉を述べます。新婦は自分の名前を読みあげます。榊を捧げて、最後に二礼二拍手一礼をし、新郎と新婦が指輪の交換を行い、新郎新婦両家の結びつきを祝い、新郎新婦と参列者が全員でお神酒を飲みます。神社によって風習が違いますが、おおむねこうした流れが一般的です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *