Skip to content

チャペル式にはない、神前式の特徴

結婚式と聞いて思い浮かべるのは、純白のウェディングドレスを着てチャペルで挙げる、というイメージが大半です。

しかし、和装を身に纏い日本古来の神の前で挙げる神前式もポピュラーです。チャペル式ではイエス・キリストに夫婦になるという誓いと承認を得るため、牧師による聖書の言葉があり、聖歌や誓いのキスなどキリスト教の方法で挙式を行います。

神前式は日本古来の神に認めてもらう挙式のため、神主が祝詞をあげ、雅楽が奏でられ三々九度を行います。神前式での新郎新婦の装いは紋付袴と白無垢です。新郎の紋付の色は黒が一般的ですが、白もよく用いられ、袴もグラデーションが施されていたりと様々です。

新婦はもちろん白無垢ですが、生地をよく見ると縁起のいい文様が織られています。また、頭は角隠しか綿帽子の2種類が選べます。神前式を執り行う場所も様々あり、結婚式場やホテル内に設けられた神殿で挙げることもできます。

その神殿にもしっかりと名のある神を祀ってあるため、神社と遜色ない式となります。また、一生に一度だからこそ、名だたる大社や神宮で式を執り行うのも、厳かで格式があります。参列者にも特徴があり、神前式であれば親族がメインになります。

家と家とのつながりを大切にする日本ならではの特徴です。チャペル式と同様に指輪の交換も執り行うことが多いです。指輪に赤い糸を結んで、縁をつなぐセレモニーも優雅で、これから家族になるという実感を味わうことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *