Skip to content

神前式の衣装はどんな衣装?

チャペル式も憧れますが、最近は日本ならではの神前式も人気となっています。

チャペルではウエディングドレスがほとんどですが、神前式の場合はどういった衣装を着るのでしょうか?やはり着物が一般的となっています。花嫁の場合、一番多いのは白無垢と呼ばれる全部が白で統一された着物です。

挙式の時は白無垢、披露宴の入場の時に色打掛に掛け直すというのが昔ながらの衣装となっています。非常にボリュームのある着物になりますので、頭には文金高島田で結われたかつらをかぶり、鼈甲のかんざしを付けます。

その上に綿帽子か角隠しというものを付けて花嫁衣裳の完成です。綿帽子は白無垢の時でしかかぶることが出来ないので一生に一回の思い出には最適です。最近ではかつらを好まれない方も中にはいるので、そういった場合には洋髪にされる場合もありますが、神前式ならばかつらでより和の雰囲気を演出したほうが綺麗です。

もう一つは黒の本振袖といった場合もあります。振りが成人式の時の振袖よりも長かったり、裾に綿が入っているのが特徴です。そして挙式の時には黒を着用します。この時にかつらをかぶる場合は角隠しをします。

男性は縞の袴に黒の羽織となります。女性と違って選択肢はありませんが、洋服の時よりも恰幅良く見せるのでどっしりとした凛々しい雰囲気を醸し出すことが出来ます。神前式は厳かな雰囲気の中で挙式は進行していきます。より素晴らしい思い出を作るために、素晴らしい衣装を選択してくださいね。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *