Skip to content

神前式の結婚式で注意したいこと

神前式で結婚式を挙げるにあたって注意しなければならないことがいくつかあります。

まず、そのなかで大きな問題になるのが天候です。多くの結婚式の場合ですと式場やホテルで行ないますが、神社で行なう場合ですと新郎新婦と親族が境内を歩く儀式である参進の儀を行なわなければなりません。

悪天候になることによって傘をささなければなりませんし、慣れない着物を着ての行事は難しいものがあるでしょう。ウェディングドレスを着たいという願望を持つ花嫁さんは多くいますが、神前式ではウェディングドレスを着用することはできません。

披露宴などでは着用することが可能となりますから挙式とは別の機会があるかどうか、着替えをどこに用意するのかといったことも考えておいてください。

神社で結婚式を行なう神前式なので建物は古いものが多いです。伝統的な神社だからこそ雰囲気がありますが、足場が悪かったり、急な階段があったり、バリアフリー化されてなかったりと不便なことが多いです。

特に親族に身体の不自由な方がいる場合は事前に説明を聞いておく必要があり、車椅子などが必要な場合は式場をどこにするかも検討しておきましょう。このように伝統的な神前式や神社で行なうからこそ注意しないといけない点がありますが、事前に確認しておくことでトラブルを避けることができます。

雨天時の場合でも屋根があるのか、写真撮影ができるところであるのかも調べておくとスムーズに進められます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *