Skip to content

神前式の特徴と魅力とは

神前式は神社で神職によって執り行われる神道の宗教儀式で、教会式に次いで人気を集めています。

神前式は教会式や人前式には無い特徴や魅力があり、日本人の他に外国人カップルも挙式を上げるケースが増えています。神前式の特徴は、式に出席することができる人数が少ないので少人数でアットホームな雰囲気で結婚式を行うことができることです。

教会式であれば広い会場で少人数の結婚式を行うと寂しいので、ある程度の出席者を集めなければなりません。出席者の人数が増えるとゲストに挨拶をしたりおもてなしをする必要があるので、家族や親族同士でゆっくりと交流することができなくなってしまいます。

少人数結婚式であれば、家族や親類だけでゆっくりと過ごすことができます。神前式は和装と洋装の両方を選択することができるというメリットがあります。和風建築の神社で結婚式を行うので、和服を選ぶカップルがほとんどですが、肌の露出が多くないドレスであれば洋装姿でも結婚式を行うことができます。

結婚式に出席をする親類の方も、着物を着用すれば美しい姿を写真に収めることができます。これに対して教会式や洋風の会場でも式に出席する方は和服を着用することができますが、新婦は洋風のドレスを着用する必要があります。神前式は新郎新婦だけでなく、出席者全員が儀式に参加する事ができるという特徴もあります。

神前に玉串を供える玉串奉奠や、親族固めの儀などは新郎新婦以外の人も全員が儀式に参加します。新郎新婦以外の方にも儀式に参加してもらうことで、結婚式の厳粛な時間を出席者全員で共有することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *