Skip to content

神前式に呼ばれた場合の服装のマナーとは

最近は神社で神前式を挙げるカップルが増えています。

神前式は教会式のように多くの人が出席することができないので、出席者は新郎新婦や親族の人に限られます。出席者数が少ないので、式に呼ばれた場合には服装に注意を払う必要があります。

一般的な教会式はブライダル業者が所有する教会風の結婚式場で、キリスト教の儀式に似せて式が行われます。これに対して神前式が行われる会場は実際に宗教施設として使用されている神社で、宗教活動を行っている神職や巫女さんによって執り行われる宗教儀式です。

挙式に出席をするという事は、厳粛な神道の宗教行事に参加するのと同じです。出席者は厳粛な宗教儀式に参加するのですから、きちんとした服装で臨まなければなりません。神前式に呼ばれたら、男性であれば正装または準礼装をします。

新郎新婦やご両親よりも格が低い服装をすることがマナーです。女性であれば洋服や着物(訪問着または振袖)が好まれます。着物を着る場合には、新婦の着物よりも地味な柄を選ぶようにしましょう。

洋服を着用する場合には、ダンスパーティーに出席する時のように派手で肌の露出が多いドレスはふさわしくありません。入学式や卒業式などの式典に出席する時のように、落ち着いたデザインのスーツを着用するようにしましょう。

神前式では新郎新婦以外にも出席者全員が玉串奉奠や親族杯の儀などの儀式に参加する場面があります。厳かな宗教儀式に参加するのにふさわしい服装を選ぶように心がけるようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *