Skip to content

神前式で挙式される方が増えています

結婚式は大きく分けまして神社を利用して行うケースと教会で挙式するケースに分けられます。

この中で神社はお宮参りや七五三などの行事を通じて日本人に馴染みの有る場所となっています。最近は日本の伝統を重んじる方が増えるなどして神前式を行うケースが増えていますが、これは神社や神殿の厳かな雰囲気の中で挙式出来る点に加えて、花嫁姿が映えるなどメリットが有るからです。

神前式では様々な決まり事や式の流れが有りまして、例えば神前で座る位置は神殿に向かって右が新郎側の親族、左が新婦側となっています。式の流れは挙式の前に新郎新婦と参列者が心身を清める為にお祓いを受けて、新郎新婦が盃を飲み交わし、その後に巫女が神楽にあわせて舞を奉納します。

そして新郎が誓いの言葉を読み上げて、玉串を神前に捧げてから二礼二拍手一礼を行います。花嫁衣装としまして神前式では白無垢の花嫁衣装を着て対応し、その後の披露宴では色打ち掛けを着るケースが多くなっています。

最近では神前式と披露宴がセットになった挙式プランが多く有りまして、披露宴会場はホテルを利用するケースや結婚式場の利用など自由に組み合わせ出来ます。神前式では日本の伝統や文化を感じながら挙式を行えますので、日本人はもとより外国人の方も利用されるケースが増えて来ています。

そして神社側もインターネットで式の様子を掲載するなどしてアピールを行っていますので併せて参考にする事が可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *