Skip to content

神前式とはどういったものなのか

神前式とは主に神社で行う結婚式のことで挙式費用は神様におさめます。

それを初穂料といいます。最近、白無垢をきて日本らしい結婚式を挙げたいと神前式を選ぶ人たちが増えています。神前式は必ず神社で挙げなければいけないわけではありません。このスタイルで結婚式を挙げられるホテルや結婚式場を会場にすることもできます。

このように神社だけしか選択肢がないわけではないため選びやすいポイントになっています。費用も平均5万円とキリスト教式挙式よりもリーズナブルです。これに三管演奏を依頼するとさらに3万円から5万円ほど上乗せされます。

三管演奏とは雅楽の生演奏のことです。神前式のいいところは日本人は産まれる前から折に触れて神社とはなじみがあります。これは日本ならではの結婚式スタイルなので和装の花嫁姿がとても美しいです。神前式の流れは参進の儀というものからはじまります。それは巫女に先導され神殿へと向かう花嫁行列のことです。

次は入場です。これは新郎新婦と血縁関係の強い順に入場します。最後に新郎新婦が巫女に先導されてきます。そして、修祓の儀で新郎新婦と参列者は心身を清めるためにお祓いをしてもらい、祝詞奏上で二人の結婚を神様に報告します。さん献の儀は神酒を新郎新婦が三三九度の盃で飲み交わします。

次に巫女が神楽に合わせて舞を舞う神楽奉納をして、新郎新婦が神様に誓いを読み上げます。そして、最後に二礼に拍手一礼をし、指輪交換です。両家の結びつきを祝い参列者全員でお神酒を3口でのみます。

このようにしきたりが多く、慣れない言葉がたくさん出てきますがだからこそ、ふだんとは違う雰囲気を味わうことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *