Skip to content

見直される神前式の魅力

近年人気のウェディングスタイルとして、チャペルで挙げる洋風の結婚式だけでなく、伝統的スタイルの神前式も人気が復活しています。

古式ゆかしい趣のある神社や神殿を結婚式場として利用できるので、流行りの式場やチャペルにはない、厳かで静謐な空気が漂う格式高い雰囲気を醸し出せます。誰もが知っているような有名な神社でも、神前式を受け入れてくれるところがありますし、特に両親や祖父母の年代の方には、立派なところで挙式するのだと好印象を持ってもらえることが多いです。

使用料も、意外に利用しやすいところが多いのも魅力です。収容人数が少ないところでは、式への参加が親族のみに限られる場合もありますが、少人数での式を考えている方には、招待客を減らすことができるのもメリットです。

神前式といえば、花嫁さんは昔ながらの白無垢を着用します。日本人の花嫁だけが結婚式の時にだけ着られる、伝統的で誇り高い衣装です。こちらも、特にご高齢の方にはとても喜ばれます。挙式はせずに写真姿だけ残すこともできますが、深い緑に神秘的な拝殿等、神社は最高のロケーションです。

そんな素敵な舞台を背景とすれば、より美しい花嫁姿を残すことができるでしょう。また、最近の花嫁さんは白無垢だけでなく、色打掛を着られる方が多いようです。色や柄が豊富で髪型のアレンジも楽しめるとあって、ドレスと同様に個性を演出できます。

神社によっては、和装であってもあまりにカジュアルなスタイルは断られる場合もあるので、事前に確認して決めましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *