Skip to content

日本の伝統である「神前式」について

神前式とは、神社挙式とも呼ばれており、神社に祀られている神様の前で結婚を誓う日本の伝統的な挙式のスタイルです。

会場によっては、巫女の舞や雅楽を施すところもあります。明治33年に日比谷大神宮で行われた大正天皇のご成婚の慶事が起源とされています。神前式は、結婚する新郎新婦だけではなく、双方の家と家とのつながりを重視する要素が儀式の中にたくさんあります。

盃を重ねることにより、両家の固い絆を表す親族硬めの盃などがあります。儀式の中では決められた所作や誓いなどを、新郎新婦が協力して行うことにより、夫婦となる絆を確認するという点も神前式の特徴です。所作については、前もっと神職や巫女が説明してくれるので、安心して行うことができます。

参列者は基本的に親族のみという形でとり行われます。衣裳は、挙式では新婦は白無垢に日本髪もしくは綿帽子を着用、披露宴では色打掛を着用するのが一般的です。新郎は紋付羽織袴を一般的に着用します。参列する親族の衣装は第一礼装で、和装であれば母親は五つ紋付黒留袖、父親は五つ紋付羽織袴を着用します。

神前式の費用は、神主や巫女への謝礼や神殿使用料、式次第、誓詞などをまとめて「玉串料」と神社に納めるのが一般的です。相場は、5万円~20万とされており、神社によってことなります。巫女の舞や雅楽の演奏などはオプションの場合もあるので、希望する場合は事前に確認する必要があります。

神前式を行うメリットは、永久的に残り続ける歴史的な建物である神社で挙式を行うことにより、結婚後も思い出として何かの行事で参拝などで訪れることができます。また、日本人としての誇りをもって挑むことができることも心に残ります。神社での挙式を考えておられる方は、事前に調べておくと良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *