Skip to content

絆が深まる神前式の結婚式

昨今海外でも日本の伝統や文化は評価されるようになっており、その影響もあって日本人そのものも、改めて日本の良さを実感するケースも増えてきています。

その影響は結婚式にも出てきており、今までは結婚式といえば西洋風なイメージが強くて人気でしたが、じわじわと神前式の結婚式の人気が高まりつつあります。そんな神前式結婚式の特徴として、実施するのはもちろん神社であり、おもに新郎新婦は和装で結婚の儀式を行うケースが多いです。

また参列者については新郎新婦の親族が参列することが基本であり、参列者も結婚の儀式を見守るので、両家の絆がより深まります。これは神前式ならではの特徴でもあり、日本の伝統的な結婚式の場合、こうして家同士のつながりを重視する傾向があります。

もっともだからといって参列者が必ずしも和装でかしこまる必要もなく、そのあたりは柔軟性もあり、西洋風な結婚式同様に洋装でも問題ありません。他にも祝詞や三々九度などの儀式もありますが、これらについても決して難しいことはなく、誰でも普通に実行可能です。

それにたとえ緊張のあまり儀式の順番などが分からなくなってしまったとしても、周囲にはスタッフや巫女さんなどがつねに待機しているので、ちゃんとそういった場合にはサポートしてくれるために安心です。

そして何よりもやはり西洋式と違い、神前式の場合は神聖な空気の中で厳かな結婚式を挙げることができるのは魅力的であり、日本の伝統をしっかり感じることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *