Skip to content

神前式は神社以外でも挙げることが出来る

神前式とは、主に神社で行う結婚式のことを言います。

最近は白無垢を着たいという花嫁も多く、神前式を行う若いカップルも増えてきました。式を挙げる場所は神社以外にも神前式を挙げられるホテルや結婚式場などもあります。神前式にかかる挙式費用は、3万円から10万円程度と差があるといいますが、平均は5万円ほどが相場になっています。式で三管演奏という音楽を依頼するとさらに3万円から5万円ほどプラスになるということです。神社は日本人になじみのある場所でもあり、厳かな雰囲気のもと、美しい和装の花嫁や素敵な花婿の姿を見ることが出来ます。

式の衣装はきれいで豪華なものもあれば、シンプルで昔ながらのものなども選ぶことが出来るといいます。新婦は白無垢、色打ち掛け、黒引き振袖などです。新郎は一般的に五つ紋付羽織袴の場合が多いと言われています。黒が最もスタンダードですが、グレーや白の衣装もあります。せっかくの結婚式なので友人もゲストとして招待したいという人もいます。少し前までは神前式というのは神殿という聖なる場で、家と家が神の前で契りを交わすことで新郎新婦、両家の繁栄を祈る目的でした。

ですが、最近は収容人数の多い挙式場も増えてきており、友人や知人の列席を認めている会場もあるので事前に確認をしておくことで列席してもらうことが可能な場合もあります。ただし、友人の列席を認めているところでも、挙式中の親族杯の儀の儀式ではお神酒をいただくのは親族のみと決まっているところもあることを理解しておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *