Skip to content

あこがれの白無垢の花嫁になれる神前式

白無垢の花嫁は日本人女性のあこがれ、神前式を希望するカップルが増えています。

近年では着物を着る機会はほとんどないですが、白無垢や未婚女性の礼装である本振袖(おひきづり)、白以外の豪華な赤や金を用いた色打掛けなど、あでやかな着物を着てみたいという花嫁は多いのです。神道をベースとした神前式は明治33年に当時は皇太子だった大正天皇の結婚式が日比谷大神宮〔東京大神宮〕で執り行われたのが起源とされています。現在行われている神前式は、大正天皇の結婚式を原型に欧米のキリスト教式の結婚式が日本独自にアレンジされています。

巫女の舞や三三九度の杯、新郎が神前で誓いの詞を読み上げるなど、日本の伝統的な演出が厳かな雰囲気を盛り上げると、式を挙げたカップルや参列者の満足度も高いのです。神前式は費用が比較的リーズナブル、神社に納める玉串料(初穂料)は5~10万円、雅楽の生演奏「三官演奏」を依頼すると3~5万円、控え室の使用料などを含む料金は約20万円程度、参列者の人数や着物のレンタル料金によって変動します。

神前結婚式用の神殿を併設しているホテルや結婚式場では衣装のレンタル料金を含むプランも用意されています。神前式に参列するのは主に親族で、会場が広ければ親しい友人も参列できます。華美や装飾や過剰な演出はありませんが本当に親しい人に祝福され、神前独特の背筋が伸びるようなしめやかで厳かな空気は、きっと忘れられない人生の特別な1日になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *