Skip to content

神前式は宗派や国籍に関係なく挙式ができます

一般的に結婚式とは、いずれかの宗教の儀式として執り行われます。

日本人カップルの多くは教会式で挙式を行いますが、カトリックやプロテスタント教会などの会員でなければ宗教団体が行う儀式を執り行ってもらうことはできません。そのため多くの日本人カップルはブライダル業者やホテルが所有する教会風の式場で、アルバイトで雇われた牧師や聖歌隊により教会式の真似をした式典が行われています。これに対して神前式は神職によって正式な神道儀式が行われます。

神社神道には他の多くの宗教のように教派が存在しないため、特定の宗派に所属するという概念がありません。そのため挙式を行う神社は宗派や居住する地域(氏子区域)に関係なく、自由に選ぶことができます。特定の宗教組織に所属していない人でも神前式を選択すれば、正式な宗教儀式として結婚式を挙げてもらうことができるというメリットがあります。

他の宗教は結婚式を挙げるための条件として信者であることが求められますが、神社で結婚式を挙げるための条件は特に定められていません。日本人だけでなく、外国人も神社で神前式を挙げることが可能です。最近は神社で挙式を行う外国人カップルも増えています。神前式は教会式と比べると厳粛で重厚な雰囲気で式典が進められますが、他の宗教よりも寛容で誰でも儀式に参加することができるという特徴があります。神前式とは、特定の宗教組織に所属しない日本人向けの結婚式であると言えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *