Skip to content

昔ながらの挙式スタイルである神前式とは

結婚式のスタイルといえば教会式が人気で、和装の挙式スタイルは敬遠されがちな時代もありました。

しかしながら最近は神社で行われる神前式が注目されています。昔ながらの伝統を重んじるスタイルが逆に新しい、と密かなブームとなっているのです。そのため現代風のかわいい和装も多くなっています。本格的な神前式は神社で行われますが、結婚式場やホテルの中に館内神殿を持っている場合、その場所で行うことも可能です。神前式は親族しか参列できないと思われがちですが、スペースが関係しているので場所によって収容人数が変わってきます。

収容人数が多ければ、親族以外の参列も可能になることがあります。神前式を行いたいなら、まず式を行える神社や提携神社のある結婚式場を探すというが一般的です。希望の神社がある場合は、直接電話で問い合わせてみましょう。神社で行う場合の費用は、5~15万円が一般的ですが、神殿が併設されている会場の場合は、衣装や着付けなどがセットされたプランが用意されています。そのプラン内容によって費用が変動します。

服装については、女性は白無垢、日本結と綿帽子というのが一般的です。また明治・大正時代の良家子女が着ていたとされる花嫁衣裳、黒い引き振袖も人気があります。色打ち掛けは、色や柄のバリエーションも豊富で華やかです。かつらが嫌だという人は、洋髪や洋装が可能な場所もあります。こだわりがあるのなら、自分の希望が叶う場所を探すことがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *