Skip to content

神前式の起源と原点、出雲大社の挙式

神前式は日本の伝統に従って挙式を行うウェディングスタイルですが起源は新しく、誕生した年は明治33年です。

明治33年以前の日本の結婚式は新郎の自宅に新郎新婦及び親族が集まって、床の間で祀られた神様の前で縁談を祝う事が主でしたが明治33年に行われた大正天皇のご成婚がきっかけで日本の伝統的な結婚式は変化していきます。次第に大正天皇のご成婚の流れとなっていき、人々に普及した第二次世界大戦後にようやく現在のスタイルに落ち着いたわけです。現在の神前式も日本古来の習わしを挙式に取り込んでいますが原点となる武家の結婚式は3日もかかります。

始まりである室町時代の武家で行われた挙式はまず「陰」と「陽」の2つ式が一般的な流れです。「陰」の式で花嫁が花婿の家に赴いて合杯の礼をし、3日後に行われる「陽」の式で親族固めの杯をして終わるという内容となっています。花嫁は「陰」の式では白無地の着物を身にまといますが「陽」の式では色物の派手な着物になるところが特徴的です。

現在の神前式はホテルや結婚式会場と締結しているので武家で行われた様式は全くありませんが変わった挙式を行う神社は確認されています。出雲大社と明治6年に創立した出雲大社教では新郎新婦の前に「天之御柱」を立てたり「天之御柱」を新郎は左に回って新婦は右から回って四拍手の拝礼をしたり等古事記にならった神事が数多いです。習わしが多い事が神前式の特徴ですが出雲大社に縁ある挙式は特殊だと言われています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *