Skip to content

神前式のおこりと式次第

現在では挙式のスタイルも教会式、仏前式、人前式、神前式と様々ですが、江戸時代の日本では武士や裕福な町民、農民は花嫁側が花嫁行列を整え花婿の家に赴き花婿の家で祝言を挙げていました。

今でいう人前式が主でした。一般的に庶民は中には簡素な食事会をするものもいましたが、祝言、今でいう挙式をしなかったようで、就いてる旦那寺の住職や職業の親方や大家などが立ち合う形(人前式)で夫婦になっていました。神社で執り行われる神前式が一般的に庶民に普及したのは明治33年、そのころ皇太子の嘉仁親王(よしひとしんのう)後の大正天皇と九条節子(くじょうさだこ)後の貞明皇后が結婚した際に行った宮中三殿に拝礼し神の前で夫婦の誓いを立てた「結婚の儀」が大反響を呼び一般の人々から自分たちにも神前式をしたいという気運が高まりました。

これにこたえる形で現在の東京大神宮が結婚の儀を手本にした形のスタイルを創設しました。こうして民間にも神前式が広まり定着していきました。神前式の式順はまず巫女の先導で新郎新婦、次に媒酌人、新郎両親、新婦両親に続き新郎親族、新婦親族が入場します。斎主が最後に入場し典儀もしくは巫女が式の始まりを告げます。斎主の礼拝に合わせて一堂起立して神前に礼をします。

斎主は御幣で一堂の穢れを払い、神に対し新郎新婦のための祝詞を奏上します。その後に三々九度の杯を交わします。新郎新婦で誓いの言葉を読み上げ玉串を神前に捧げ神に背を向けないように向きをかえ元の位置に戻ります。媒酌人や両親、親戚も玉串を捧げ杯を交わし斎主が式が無事終わったことを神前に報告し一拝し一堂起立して拝礼、斎主のお祝いの挨拶を受け一堂拝礼し、斎主から入場した順に退出して式は終わります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *