Skip to content

神前式の衣装はどうしよう

和装に憧れて神前式をしたいというカップルも多いですが、いざ結婚式でやってみようと思うとどれも素敵な衣装ばかりなので悩んでしまって進まないという事もよくあります。

特に和装の結婚式は白無垢を着るというイメージが強いかもしれませんが、実は衣装は決められているわけではないのでよく相談して決めても構わないのです。神前式でよく選ばれるのはやはり白無垢です。純白の着物はこの瞬間だからこそ着られるものだと思ってもいいかもしれません。透き通るような印象で、結婚式という特別な時間をより引き立ててくれることでしょう。

華やかさも考慮するのであれば、色打掛も鮮やかな色がぱっと場を明るくしてくれます。バリエーションも豊富ですし、色や柄にもこだわってゲストの目を楽しませることができます。お色直しでよく着用されますが、もちろん結婚式でこれだと思ったら着ていいのです。また、白無垢とは対照的な黒引き振袖もあります。動きやすく、それでいて古式ゆかしい雰囲気も抜群です。

式場によっては、神前式であっても洋装の結婚式をすることができる場合もあります。妊娠中などで和装を着るのが大変な時には、体調に合わせて衣装を皆で考えてみると、思い出に残る結婚式を作り上げる事ができるでしょう。男性の場合には五つ紋付きの羽織袴になりますが女性ほどはこだわらない男性も多いです。特別な時間を一層盛り上げてくれる大切な要素ですから、パートナーと相談しながら選んでみて下さい。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *