Skip to content

神前式に呼ばれた時の服装

日本の伝統的な結婚式である神前式は、密かに人気です。

一般的には家族や親族で行われますが、近年では友人などが参列することも多くなっています。しかし、神前式に出たことがないのに、お呼ばれしてしまったという場合、どんな服装で行ったら良いのか迷ってしまうこともあります。呼ばれた時にマナー違反にあらないためにも、失礼にならない服装は覚えておくことをオススメします。友人で和装というのは少ないかもしれませんが、男性の場合は正装または準礼装が良いとされています。

ただし両家の父親よりも控えめにします。洋装の場合は、黒のスーツに白、グレー、白と銀または白と黒のストライプのネクタイなどの準礼装が多いとされており、これも両家父親よりも控えめな装いにすることがポイントです。せっかくの神前式なのだから、和装を着たいという女性も多いと思います。女性の場合は、基本的には露出を少なめにするのが基本的な装いです。華やかな装いで振袖などがオススメです。

未婚でも年齢的に振袖は無理という場合には、訪問着を着ていきます。主役はあくまでも花嫁ですので、あまり柄や色は派手になりすぎず、新婦とかぶることのないように注意します。重ね襟などをつけることでよりお祝いの雰囲気を作ることができます。洋装の場合はノースリーブやキャミソールタイプならかんらずボレロやストールを用意します。神聖な場所なのであまり華美でカジュアルにならないようにし、殺生をイメージするヘビやワニの革、ファーなどは避けることが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *