Skip to content

神前式の収容人数と披露宴会場の距離

神前式は家と家との結びつきを重視する面があるので、原則として招待されるのは両家の親族に限定されています。

最初から親族中心に少人数制の結婚をすることを希望しているカップルにとっては、好都合な面もあるのではないでしょうか。親族以外にも親しい友人にも祝福してもらいたいと考えている場合は、神社に相談してみると認めてもらえることもあります。でも、両家の親族だけを呼ぶという前提条件があるので収容人数が少なめに設定されている式場が多いので、親族にプラスしてあとどれくらい呼べるのかは、よく確かめておくべきです。

ホテルや専門式場内にはチャペルや神殿が併設されているので、どんな挙式スタイルにも対応可能です。移動面での不便さを解消したいなら、神社よりこちらを選ぶのもありです。神殿で神前式を済ませた後は、同じ敷地内にある披露宴会場にすぐに移動できます。自然信仰を強く反映している神社も多いので、ロケーションの面では申し分なくても交通の便から考えると少し不便なところに建てられている神社も少なからずあります。

神前式当日の天候が悪い日や、あまりにも次の移動先から遠い場所だと、せっかく来てくれたゲストの負担が大きくなるので注意しましょう。神社を挙式会場に選ぶなら、ホテルなどから比較的距離が近いところを中心に選ぶのが無難です。新郎新婦である自分たちのことばかり考えるのではなく、ゲストの視点も忘れないようにすることが大事です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *