Skip to content

神前式と仏前式の違い

昔ながらの雰囲気で和装の結婚式をしたいと思っていても、とにかく和服を着るだけと思ってしまいがちです。

一つ目は神前式で、神様に二人が結ばれるという事を報告してこれからのご加護を願い、感謝をします。家と家の繋がりが重視されていて、基本的には両家の親族のみが列席をします。もう一つは仏前式で、仏様やご先祖様に結婚の報告を行ってめぐり合えたご縁に感謝して行います。お寺や寺院、時には自宅の仏前で行う結婚式です。神前式で行う場合の内容や流れは従来の洋風のスタイルとは当然ながら異なってきます。

神社で行う場合もあれば、ホテルや専門式場に相談することになってくるので、早めの手配をしていきましょう。仏前式の場合は披露宴やパーティをする場合には別途会場が必要になりますから、自分たちでどれぐらいの希望になるのかよく相談して決めていくことになります。和装の結婚式も注目される中で、神前式などどのように結婚式をするかも考える事になります。

会場等のわかりやすい違いもありますが、やはり挙式の大きな違いとしては結婚することの意味の点ではないでしょうか。人生で大きな晴れ舞台となりますから、和服を着てみたいというだけではなく、両親や友人知人、同僚など周囲の人たちにも感謝を伝えられるように考えてみてはどうでしょうか。白無垢に限らず衣装の幅も広くなってきていますので、自分たちらしい結婚式ができるようによく考えて思い出に残る瞬間を作り上げていきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *