Skip to content

神前式で結婚式を挙げる際の申込方法とメリットとは

多くの日本人カップルは結婚式を挙げる際に教会式を選択していますが、式場として使用される教会の多くは宗教施設ではなくてブライダル業者やホテルなどが所有する会場です。

そのため教会式で挙式を上げる場合にはブライダル業者やホテルに申し込みをするだけで済みます。これに対して神前式では実際に宗教施設として利用されている神社を使用するため、申込の際の手続き方法が違います。

神前式で結婚式を挙げる場合には最初に神社を選んでから社務所で予約をして、指定されたブライダル業者に申し込みをする必要があります。ただしブライダル業者の方から神社に予約をしてもらえるケースもあります。神前式は神社とブライダル業者の両方に予約をしなければなりませんが、言いかえると挙式を行う神社を自由に選ぶことができることになります。

教会式の会場はブライダル業者やホテルが所有する会場に限られてしまいますが、神前式であれば気に入った会場で式を挙げることができます。神社ごとに挙式の内容に大きな違いがあり、中には参進(花嫁行列)・巫女舞や雅楽の生演奏などが行われる所もあります。リゾート婚を希望するのであれば京都や奈良にある有名な神社を選ぶことも可能です。

神前式で結婚式を行う際は最初に神社を選んだ後に利用可能なブライダル業者にも予約をしなければなりませんが、自由に会場を選ぶことができる点で大きなメリットがあります。神社神道には仏教のように宗派が存在しないので誰でも式が挙げられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *