Skip to content

神前式で行われる三々九度の意味とは

神前式は、神社にまつられた神の前で結婚を誓うという伝統的な日本の挙式形式です。

神前式では結婚を新郎新婦が結ばれるというだけでなく、新郎新婦それぞれの家族同士の新たな結びつきであると考えます。そのため挙式中は両家の両親も新郎新婦の後ろに座り、挙式を見守ります。神前式では、その儀式に一連の手順があり、それが大きな特徴になっています。

その中でも有名なのが「三々九度」の儀式です。「三々九度」の儀式は別名「三献の儀(さんこんのぎ)」といわれています。儀式では小・中・大の三つの大きさの盃で御神酒を三口で飲み夫婦の契りを交わしますが、この三つの盃にはそれぞれ意味があります。「小」は過去を表していて、新郎新婦が巡り合うことができたことを先祖に感謝する意味があります。

「中」は現在を意味していて、新郎新婦が末永く互いの力を合わせ歩んでいこという意味が。「大」は未来を意味していて、両家の安泰とともに子孫繁栄を願うという意味があります。またそれぞれの盃は「天」「地」「人」を表しているという意味もあります。

また儀式では「神酒が三回に分けて一つの盃に注がれ、それを三回に分けて飲むというのを、これをそれぞれの盃で計三回ずつ行う」とすべて三の倍数になっていますが、これは奇数が縁起の良い数字だといわれているからです。中国の陰陽思考では「奇数」を縁起の良いものとらえており、その思想が日本文化に流れてきたものだと考えられています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *