Skip to content

神前式にお呼ばれした時

結婚式の招待状をもらうと気持ちもわくわくしてくるものですが、神前式だと書いてあると思わず目が点になる事もあるのではないでしょうか。

ご祝儀などのマナーは分かったとしても、近年は洋装のウエディングの方が一般的なので、服装はどうしたらいいのかと慌ててしまうのです。男性は比較的で、正装または準礼装で両家の父親よりも控えめな服装を心がければ和装でも洋装でも問題ありません。

女性の場合は神前式と聞くと「和装ではないといけないのでは」と緊張してしまいますが、洋装の着用でも良いので安心して下さい。その場合には基本的に「肌を露出しすぎない」という事を念頭において、キャミソールやノースリーブで肌が出る部分が多いならボレロやストールも準備しておきましょう。もちろん、神前式だから気合を入れて着物で参列するのもおすすめです。

未婚の方なら振袖や訪問着などを用意し、既婚であれば色留袖や訪問着で用意しましょう。親族の女性の方々は第一礼装である留袖を着用されるため、ある程度服装の許容される幅が広いと言ってもあまりにもカジュアルすぎるのはよくありません。

着物で参列するとやはり全体の雰囲気も調和しますし華やかな装いで新郎新婦だけでなく他の親族の方からも喜ばれます。どんな服装で着るのかは悩みの種ですが、中々普段の生活の中で和装を楽しむという事もないので、これを機会に久しぶりに着物でお祝いをするのもよい思い出になるのではないでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *