Skip to content

家族の絆が深まる神前式

結婚式は一生に一度しかない大切なイベントになります。

最近は新郎と新婦が主役の結婚式が増えていますが、元々日本では家と家との結婚という考え方がされてきましたので、お互いの両家の関係や家族関係を深めるような結婚式を行う方が多いものでした。

近年は新郎新婦の趣味などが反映されたウェディングもありますが、日本に古くから伝わる結婚式といえば、神前式になります。神前式とは、神社で執り行われる挙式になります。キリスト教式のウェディングになると参列している親族は式の進行を見ていることが中心になりますし、バージンロードを歩くときも主役は父親ではなく新婦です。

神前式では儀式の中では家族が参加する儀式もあり、家族が一緒に挙式に参加しているという一体感も生まれます。また、明治頃から広まったとされる神前式ですが、歴史と伝統のある神社で執り行われる式ですので、おばあさん、お母さんが同じ神社で挙式を挙げたという場合は時代を超えて家族の絆が深まることでしょう。また、結婚後も神社というのは度々訪れる場所になります。

新年の初詣はもちろんのこと、子供が生まれればお宮詣りや七五三などでも定期的に訪れる場所になります。子供の頃から親しんできた神社で挙式を行うというのも良いでしょう。チャペルでの挙式と違い、参加した経験がないので不安だという新郎新婦もいらっしゃいますが、神社の巫女さんなどがしっかりとサポートしてくれますので安心です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *