Skip to content

おめでた婚にもおすすめの神前式

結婚式のスタイルには色々なスタイルがありますが、中でも日本の伝統的な結婚式のスタイルが神前式です。

神社などで挙式を行うスタイルになり、より厳かな雰囲気で儀式が進みます。神前式は参列をする方も、神社によっては親族だけと決めている神社もありますので、挙式の際には確認をして起きましょう。お友達も呼びたい場合は披露宴を別に行うなど調整が必要になる場合もあります。

神社の境内をお借り出来る時間も限られているため、挙式そのものは40分程で終わることが多いので時間的にも負担が少ないでしょう。神前式といえば、美しい振り袖に白無垢姿が印象的です。妊婦の方にとって、着物を着用しての結婚式の方がお腹が目立ちにくいので和装が良いと考える方も少なくありません。

ドレスよりも神前式で着る着物の方が重くなりますので、もしおめでた婚であれば、新婦の方が疲れないように気をつける必要があります。また、着付けの際にもあまりきつく締めすぎないようにしましょう。和装はレンタルをすることも可能ですが、もしお母さんやおばあさんの思い出の着物があるのであれば持ち込みが可能かどうかも問い合わせてみましょう。

チャペル式のウェディングの場合、何十年も前のドレスを持ち込むという訳にはいかないものです。しかし、着物であれば、おばあさんの帯やお母さんの振り袖など、代々受け継がれてきた着物を使用することも可能になります。思い出の着物を取り入れることで家族の絆も深まります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *