Skip to content

神前式にはどんな花嫁衣裳がいいか

神前式とは、一般的に神社で行われる結婚式のことをいいます。

結婚式場やホテルの神殿などで行う場合もあります。神前式に花嫁が身に付ける衣装は、白無垢や引き振袖などの和装が一般的です。一番格式が高い花嫁衣裳が白無垢で、着物から小物まで全て白い色で統一されています。挙式の際には白無垢を着て、披露宴では色打掛を着るという花嫁が多いと思いますが、色打掛も白無垢と同等の婚礼衣装とされているので神前式に身に付けても問題ありません。

白無垢よりも華やかになると色打掛を身に付ける花嫁もいます。それから引き振袖は一般的な振袖とは違って、おはしょりをせずに裾を引きずる振袖のことをいいます。江戸時代に一般的だった花嫁の婚礼衣装で、挙式にも披露宴にも身に付けることができるのが特徴です。神前式を挙げる際に、どういった衣装にしようか迷ってしまうという花嫁も多いのではないでしょうか。白無垢の魅力は、上品な美しさにあります。

ウエディングドレスと同様に白い色には特別感も漂います。また、一口に白無垢といっても使用する素材などで、雰囲気はがらりと変わります。柔らかい素材のオーガンジーを使った白無垢などもあり、可愛らしい印象になります。一方の引き振袖には、凛とした美しさがあります。引き振袖の中でも黒引き振袖は、かっこ良さも感じられる衣装です。洋髪にアレンジしやすいという特徴もあるので、かつらを被るのが嫌という人にもおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *