Skip to content

神前式の流れについて

神前式には、キリスト教式の挙式でもおなじみの指輪交換の儀式もありますが、普段なじみのない儀式も多いため、事前に流れを知っておくのもおすすめです。

神前式の儀式は、神社の神主と巫女の方が中心になって執り行いたいます。挙式にかかる時間としては、だいたい30分前後です。まず、神主や巫女の先導のもとに新郎新婦と両家の親族が本殿に向かいます。神殿に入場したときには、神前に向かって右側が新郎とその親族になり、左側が新婦とその親族になります。修祓の儀とよばれる身を清める祓い言葉のべる儀式がはじまります。

修祓の儀の次には、祝詞奏上の儀という祀られている神様に神主が新郎新婦の結婚の報告と両家の末永い繁栄を祈り、祝詞奏上を奏上します。祝詞奏上の儀の後は、新郎新婦に大・中・小の杯と渡され、神酒を交互に飲みます。これは三々九度ともよばれています。お酒が体質的に飲めない場合は、飲むふりを行います。三々九度は、神前式独特の儀式です。

その後は、洋風の結婚式でもなじみがある指輪の交換があります。指輪交換の後は、玉串拝礼や巫女が結婚を祝い、神楽に合わせて舞を奉納します。その後は、参列した親族にもお酒が配られます。最後に斎主の挨拶があり、神殿を退場して終了となります。神前式の挙式にかかる費用は、神社によって違いますが安いところでは5万程度で行うことができます。大きな神社でも15万から20万ぐらいで挙げることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *