Skip to content

最近人気の神前式について

結婚式には洋式と和式がありますが、神前式というものをご存じでしょうか。

神前式とは主に神社で行う結婚式のことです。雅楽や和装等日本古来の凛とし伝統美が魅力的であり、昔は堅苦しい感じがする、和装が似合わない、親族しか呼べず友人や知人が呼べない等の理由から敬遠されがちしました。他にも普段はしないような慣れない仕草や習慣がたくさんあります。しかし最近は白無垢を着たいと思う花嫁さんも多く、また必ずしも神社で式をあげなければいけないというわけでもなく知人や友人を呼べるホテルや式場の中にある神殿でも行える事から人気が上がっています。

そんな神前式ですが古来から受け継がれてきたイメージを持つ方が多いと思いますが、現在のような神社で行う形式に整えられたのは今から約100年ほど前です。1900年に行われた大正天皇のご成婚が始まりであり、その後に第二次世界大戦を経て一般家庭にも広まっていきました。それまでは新郎側の自宅に身内の方が集まり床の間に祭られた神様の前で行うスタイルでした。

神前式の挙式費用はスケールによって差がありますが、平均では五万円といわれており一般的にはキリスト教式挙式よりリーズナブルです。最後に、式では三三九度やほうてん等様々かつ独特な作法がたくさんありますが、式の大まかな流れについては前もって斎主さんや巫女さんが説明してくれますし、式の最中にもきちんと指示を出しサポートしてくれますので初心者の方でも安心して式を挙げることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *