Skip to content

神前式では、白無垢や色打掛を

神前式は、神社の神殿と挙式の儀式を行う挙式スタイルのことをいいます。

昔ながらの挙式スタイルのため、年配の方たちにはなじみがあり、印象もよい挙式スタイルのため、若い人の間でも注目されています。神前式では、白無垢や色打掛などの和装で式を挙げることになります。肌の露出が多く、体型によって似合うデザインが違うウェディングドレスとは違い、和装は肌の露出も少ないうえ、体のスタイルに自信がない人でも着やすいのが魅力です。

そのため、30代以降の女性の間では和装で挙式を挙げられる神前式が人気です。肌の露出も少ないため、ブライダルエステなどで腕や背中のケアをする必要がないため、費用も安く抑えられます。神社での挙式は、だいたい高くても15万から20万ぐらいで挙げることができるため、ホテルや式場で挙げるよりも費用は全体的に安い傾向にあります。また、挙式を挙げる神殿は、収納人数が30人から50人程度ですので、少人数の結婚式を挙げたいと考えているカップルにもおすすめです。

挙式費用は、初穂料という名目で神社に謝礼する形になります。和装の花嫁衣裳としては、綿帽子を合わせられる白無垢や着物の色や柄のバリデーションが多い色打掛、未婚の女性しか着ることができない引き振袖などがあります。最近は、既婚女性の正装である黒留袖に仕立て直しすことができる黒引き振袖も人気があります。髪型は、伝統的な日本髪にかんざしを合わせたり、生花をアクセントにしたり、髪型だけを洋風アレンジにするなどバリエーションが豊富です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *