Skip to content

神前式の費用や内容を知ると利用しやすい

神社で行う結婚式を神前式と言います。

ホテルや教会と違い和装をして結婚式をするサービスで日本の伝統的なスタイルを楽しめるのが魅力です。また日本人の両親や親族連中にも受け入られやすいメリットがあります。一般的な結婚式とは違い新郎が最も輝くのが神前式といえるでしょう。誓詞奏上を行うのですが、これは神に結婚することを誓う作業です。新郎に活躍してもらいたいと考えているのなら最もオススメの挙式スタイルとなっています。

神社で行うため近くに神社があるのなら簡単に利用できるのもメリットです。近場に住んでいる親類も呼びやすい部分も魅力と言えます。トータルどれくらいの費用がかかるのか気になる方もいるでしょう。結婚式は参加人数や場所により大きく費用が変化します。また内容によっても変化するので自分で調整をすれば安く抑えられる場合もあるイベントです。大体30人くらいの出席で150万円くらい、70人くらいなら230万円くらいが相場となっています。

神社ではオプションとして巫女の舞といったものも用意されているので内容が豪華になれば費用もアップする仕組みです。内訳は挙式代と婚礼料理代金や装飾代金そして演出代金や衣装代です。引き出物を用意する場合人数分必要になるので費用は増します。業者によっては神前式をするときの演出代金に引き出物も含まれている場合があるのでチェックしておくと良いです。どんな部分を重視するのかで費用を計算するといいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *