Skip to content

神前式を行う際のチェックポイント

神前式は、和装を着ることができたり、神社という厳かな空間で式が挙げられるという魅力があります。

しかしその他のスタイルの結婚式とは事情が異なる点もあるため、事前にいくつかのポイントをチェックしておきましょう。まず挙げられるポイントは、両家がそれぞれに信仰している宗教を確認しておくということです。宗教に関しては、それほど気にしないという方のほうが多いと思われますが、神前式は神道という宗教の形式で行われるため、事前にその形式でいいかどうかという確認を取っておきましょう。

中には自分の宗教にこだわりを持っている方もおられるため、後々のためにも事前の確認をしておくことは大切だと言えます。次に挙げられるポイントは、披露宴会場をどうするかということです。神前式の場合は、神社の敷地内に設けられた会場が利用できるケースや、ホテル・専門式場などに場所を移すケースがあります。

神社内の会場が利用できるケースは、そのまま徒歩で会場へ行けるため移動が楽だというメリットがあり、神社以外の施設に場所を移すケースは、移動に手間がかかりますが、挙式と披露宴の雰囲気を変えることができるというメリットがあると言えるでしょう。さらに挙げられるポイントは、列席者の人数をあらかじめ確認しておくということです。神前式は基本的には親族だけの列席となり、30~50名程度収容できる神社が多いと言われています。ですので、列席者の人数が多い場合は、あらかじめ神社の収容人数を確認しておく必要があるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *