Skip to content

神前式を行う神社を選ぶ方法とは

神前式で結婚式を行う場合には、ホテルやブライダル業者が所有する結婚式専用の会場の他に、実際に宗教施設として使用されている神社を選択することもできます。

結婚式場の場合には、業者の人にお願いすれば会場を下見することができます。神社であれば開門時間内に限り自由に境内に入ることができるので、現地で会場の雰囲気を調べることが可能です。
神社で神前式を行う場合には、複数の神社から選ぶことができます。神社を選ぶ際には実際に神社に訪問して、自由に下見をすることができます。土日であれば結婚式が執り行われている場合もあります。部外者は儀式が行われている会場に立ち入ることができません。

それでも挙式が行われている間でも神社の参拝所は誰でも自由に立ち入ることができるので、外から拝殿や本殿で挙式が行われている様子を覗いてみることは可能です。舞台で巫女舞が行われている様子を遠くから眺めることができる場合もありますし、運が良ければ参進の様子を見ることができます。神前式の会場を選ぶ際は、可能な限り実際に神社で行われている神前式を見て判断をするようにしましょう。

神社の公式サイトに予約ページが設置されている場合は、予約状況確認して下見としてその神社を訪問することができます。有名な観光スポットになっているような神社であれば、多くの外国人観光客に撮影される場合もあります。逆に、関係者だけで静かに挙式が行われるような神社もあります。神社によって結婚式の雰囲気が大きく異なるので、必ず現地に出向いて下見をするようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *