Skip to content

神前式とは何かについて

「神前式」とは、神殿にて行われる日本古来の伝統的な挙式スタイルのことです。

「家と家」のつながりを重視するために、列席は新郎新婦の両家の親族のみが基本とされています。明治33年に、現在の東京大神宮で行われた大正天皇のご成婚の慶事が起源とされています。一般に広まったのは、第二次世界大戦後です。現代では、神殿がある式場や提携神社のある式場で行うことができます。
新郎の衣装は男性の和装第一礼装である五つ紋付きの羽織袴です。羽二重の羽織に縞柄の袴、白足袋、白草履を合わせるスタイルです。

髪型は清潔感のある髪型で良いです。一方、新婦の衣装は、最も格の高い花嫁衣装とされている白無垢です。披露宴では、色打掛を着用します。髪型は、日本結にして、綿帽子か角隠しを合わせるのが一般的です。
現代は、衣装をレンタルする方が圧倒的に多いです。参列する親族も、第一礼装と決まっています。また、神前式では、三三九度や玉串奉奠など独特の所作がたくさんあります。それぞれ決まった儀式はありますが、一番大切なことは、素直な気持ちで挑むことです。

神前式の流れは、斎主・巫女さんがしっかりとその場で指示をくれるので、安心して式に挑むことができます。神前式は、本当に親しい間柄だけの人たちの中で静かに挙式したい、日本人ならではの伝統的な式を挙げたいという新郎新婦に人気があります。静かで伝統的な式を挙げたい方には、おすすめです。神様の前で式を挙げることで、より二人の絆は高まることが期待されます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *