Skip to content

神前式の特徴と魅力とは

神前式は神道の儀式として神社で行う結婚式で、キリスト教式や人前式とは異なる特徴を持ちます。

儀式の中ではキリスト教式と同じように、指輪交換や結婚の誓いを述べるシーンもあります。これら以外にも、神道の儀式として新郎新婦や親族が参加する儀式が含まれています。神前式では新郎新婦や出席者が受け身ではなく、積極的に儀式に加わることができるというメリットがあります。キリスト教式の結婚式の場合は、儀式を行う牧師さんが中心になって進行します。

新郎新婦が行うことは、指輪交換と「誓いの言葉」を述べることぐらいです。誓いの言葉を述べる際も、牧師さんに続いて短く区切られた文言を言うだけです。儀式が行われている間、出席者は黙って自分の席に座っているだけで、基本的に何もしません。人前式の場合には司会者が中心となって結婚式が進められ、新郎新婦は飾りのような存在に過ぎません。これらに対して神前式の場合には、新郎新婦や出席者全員が儀式に加わることができます。

「誓詞奏上」では、新郎新婦が神前に進み出て誓いの言葉を述べます。「三献の儀」では新郎新婦が、「親族固めの盃」では出席者全員が盃に注がれたお酒を飲み干します。「玉串奉奠」は新郎新婦と出席者全員が順番に1人ずつ神前に進んで玉串をお供えする儀式に参加することができます。キリスト教式や人前式とは異なり、神前式の魅力は神職や巫女さんなどの神社関係者ではなくて新郎新婦と出席者が中心となって儀式が進めることができることです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *