Skip to content

日本伝統の神前式とは

「神前式」は、古くから日本でおこなわれている伝統的な結婚式のスタイルです。

神社や結婚式場の中にある神殿で、神様の前で夫婦になることを誓います。黒羽二重の羽織袴の新郎に、白無垢や色打ち掛けなどの新婦。日本の伝統衣装である着物に身を包み、厳かな雰囲気の中でおこなわれる儀式が特徴です。格式高い結婚式を挙げることができるでしょう。大まかな流れとしては、神前でお祓いがおこなわれるところからはじまります。

神職により祝詞が奏上されたあと、神前式の特徴としてよく知られる「三々九度」になります。大・中・小の3つの盃を使って新郎新婦が交互にお酒を飲む儀式です。もともとは室町時代からあった作法ですが、現在では簡略化された方法で、この儀式をおこないます。
三々九度のあとは、指輪の交換をおこなう場合が多いようです。もともとはキリスト教式の結婚式でおこなわれていた指輪の交換ですが、現代では神社でおこなう神前式でも取り入れられています。

その後、新郎新婦により誓いのことばが読み上げられる誓詞奏上がおこなわれ、玉串奉奠をおこないます。ここでは新郎新婦・親・参列者が榊の枝である玉串を、神様に捧げる流れとなります。それぞれの神社や式場により、神前式の進行は多少、順番が違うこともあります。儀式にはいろいろな手順があり、間違えないか気になる人もいるかもしれませんが、神職の方や巫女さんが式の間にも分かるようにしてくれるので問題ないでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *