Skip to content

神前式でのマナーってあるの?

結婚式には、キリスト式、神前式、仏式、人前式など様々なスタイルがあります。挙式を行うカップルの意向や両家の意向などでスタイルは違ってきますが、神前式に呼ばれたときの心構えなどはあるのでしょうか。挙式を神社などで執り行う場合、基本的に親族以外は参列できません。

神前式での挙式には、「家族」と「家族」で盃を交わし両家の縁を深めるという意味があるため、友人知人が参列することはありません。しかし最近の神前式は神社で執り行わない形式であったり、友人の参列を認めている神社も増えてきました。また、参列はできなくても境内の外から見学できるようになっている場所もあります。

マナーについては諸説ありますが、やはり神さまの前で契りを交わすのですからそれなりの心構えをもって挑むことが望ましいです。新郎新婦の服装は和装が多いそうです。これには色打掛や白無垢でなければなどといった決まりがあるわけではありません。式を挙げる神社によってはスーツや常装でも構わないといってくれるところもあります。

呼ばれた側の服装は、他のスタイルの式とも共通しますが、派手になりすぎない、黒一色などは避ける、過度な露出は避けるなどが最低限守らねばならないマナーでしょう。また、神前式の場合は参列者も和装で参列すると喜ばれるようです。

神社の中でドレスを着ているよりも、和装の方が見栄えはいいのかもしれません。必ずではないので、余裕があれば、または成人式依頼袖を通していない着物があるのなら、これを機会に着てみるのもいいかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *