Skip to content

疑問がたくさん?神前式のあれこれ

神前式とは、主に神社で行う結婚式のことを指します。最近は白無垢を着たいという女性も多く、この形式を選ぶカップルが増えているのです。とはいえ、堅苦しいイメージを持ちがちな神前式、どのようなものなのでしょうか。神前式と聞くと日本古来からあるものだと考えがちですが、実は現在の形式になったのは100年程前からなのです。

神道がベースになっており、大正天皇の結婚式を原型に、民間にも広がっていきました。また挙式を挙げるのは神社でだけだと勘違いされる方もいますが、最近では一部のホテルや結婚式場でも出来るようになりつつあります。

挙式費用は大体3万円から10万円と、キリスト教挙式よりもリーズナブルだと言われています。しかし、挙式費用とは別に玉串料と呼ばれる、神社に謝礼金を支払わねばならない場合もあり、会場が神社の場合は10万円から、ホテルや結婚式場の場合は5万円からを目安に考えるのが良いようです。

中には挙式費用の中に玉串料が含まれている場合がありますので、確認した方が良いでしょう。注意点として、神前式は元々親族のみが参列するケースがほとんどだったため、式場の収容人数が普通の式場よりも少ない可能性があるということです。

何処もがそうだというわけではないので、こちらも事前確認が必要になります。また、結婚式に参列したことはあっても、キリスト教式ばかりで神前式を見たことがないという方も多いかと思います。

挙式の流れや、所作、祝詞など覚えておくにこしたことはないかもしれません。一生の思い出となる結婚式、自分たちらしい素敵なものにしてください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *