Skip to content

結婚式の種類の一つ、神前式

結婚式と聞くと教会で愛の誓いを立てる場面を想像する人が多いかもしれませんが、これはいわゆるキリスト教式で、結婚式の種類は他にもあります。

例えば神前式です。神前式とは神社で挙げる式のことで、白無垢などの和装を着て式をあげます。特に花嫁さんの中にはこの白無垢を着てみたいと考える人も多く、日本人に生まれたからには厳かな雰囲気の神社で和風の式を行いたいと考えるカップルも多いようです。しかし、神前式はキリスト教式とは式の内容がほとんどといってよいほど異なります。

入場や指輪の交換などはありますが、普段聞きなれない言葉を読み上げることがあったり、神酒を飲み交わす儀式があったりと、事前のしっかりと予行練習をしておかなければ戸惑うこと間違い無しです。

さらに、神前式は花婿と花嫁だけでなく、参列者が一同に揃って行わなければならない所作もあります。そのため、参列者に高齢者や小さな子供がいる場合は、少々大変な面があるかもしれません。ですが、こういったことは事前に式の進行を進める人に相談しておくことで何かしらの対処はしてくれるはずなので、必ず事前に参列者については確認をし、当日の式の進行がスムーズにいくように配慮を行うことが大切です。神前式は普段慣れない場面にもたくさん遭遇するため、大変な面もあるかもしれません。

ですが、豪華な衣装を着て、厳かな雰囲気の神社で挙げる結婚式は、きっと一生の思い出に残ること間違い無しです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *