Skip to content

神前式とはどんな結婚式?

ウェディングドレスを着てチャベルで挙式をするのも素敵ですが、神社仏閣で和装に身を包んで厳かな神前式を行うのも違った魅力がありおすすめです。

神前式とはその名前の通り、神社仏閣に祀られている神様の前で夫婦の誓いを立て、結婚の報告をする習わしのことを言います。代表的な婚礼衣装といえば白無垢姿に綿帽子をかぶった花嫁姿が有名です。また、角隠しと呼ばれる髪型も人気がありますが、近頃は髪型だけは洋髪スタイルに整え、華やかな髪飾りなどで自分なりの着こなしを楽しむ女性たちも増えています。

神前式では他の結婚式にはない独特の作法で儀式を執り行うため、パンフレットだけでなく模擬挙式などで実際の流れを目で見て確認するのがおすすめです。そして実際に自分たちが神前式を行うことになった場合には、誓の詞や玉串奉納のやり方を練習しておくと安心です。

当日に緊張のあまり頭が真っ白になってしまっても、付添人や巫女さん、神主さんらが的確に指示を出してくれるため、大船に乗った気持ちで臨むと良いでしょう。有名な三々九度の儀式など、神社仏閣ならではの夫婦の誓いを行えば、引き締まった気持ちと夫婦になった嬉しさの両方を味わうことが出来るでしょう。

神社仏閣で行う場合は親族のみで行うのが基本ですが、神前式に対応している結婚式場などを利用すれば友人らも参列できるケースが多いため、自分たちだけでなく親族ともよく相談をしてどこで式を執り行うか決めると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *