Skip to content

日本の伝統的神前式ウエディング

結婚式には人前式、教会式、神前式とありますが、神前式とは、日本古来結婚は、両家の親族だけで行い、家同士の絆を結ぶつながりを重視するという考え方にのっとり、神社で行われる結婚式で、挙式スタイルです。

神前式では、各儀式が執り行われます。
参進の儀(雅楽が流れる中、巫女に先導され花嫁花婿と参列者が入場)、
修祓の儀(お清めのお祓い)、祝詞奏上(斎主が祝詞を読み、結婚の報告)、
三献の儀(お神酒で花嫁花婿が三々九度の盃を交わう)、
誓詞奏上(神前で誓いの言葉を述べる)、
神楽の奉納(巫女が舞を舞う)、
玉串拝礼(玉串を捧げる)、
指輪交換、親族盃の儀(花嫁花婿と参列者が揃ってお神酒を三口で飲み干す)、
斎主挨拶、
退下(全員で拝礼後、退場)
と多くの儀式がありますが、どの儀式も、これから新しい家族と共に歩んでいくという気持ちを高め、二人で執り行うで夫婦の絆を深めます。また、自分たちだけでなく、親族だけで執り行えるからこそ、家と家のつながり、絆も強い物となります。

神前式は日本古来ということもあり、両親、祖父母にも受け入れやすい結婚式スタイルでもあります。長い伝統的、しきたりがあるということもから、重苦しくも感じるかたもいらっしゃるかも知れませんが、神前式だからこそ味わえる雰囲気のなか、緊張感が高まり人生に一度しか味わえない、二人で作り上げていく、二人でしか執り行えないということから、ご夫婦にしか作れない無二の結婚式プランです

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *